ターボチャージャー搭載車20選

最も注目に値するターボチャージャー搭載車のリストを作成することは、すべての熱心な自動車愛好家の情熱をかき立てる作業です。エンジンのうなり声とターボチャージャーの爽快感が調和する、ターボチャージャーの高速迷路をナビゲートするようなものだ。これらの車はスピードとパフォーマンスのルールを塗り替え、アスファルトの上で達成可能なことの限界に挑戦している。それらは単なるクルマではなく、パワー、正確さ、そして純粋なドライビング・エクスタシーのターボチャージャー・シンフォニーなのだ。

(ターボチャージャーはなぜ教習所に入ったのか?なぜターボチャージャーは自動車学校に入学したのか?ターボチャージャーのキャリアをアップさせる方法を学ぶためだ!)このターボチャージャー・オデッセイに乗り出すにあたり、これらのクルマが他と一線を画す圧倒的なパワーとエンジニアリングの独創性に魅了される準備をしよう。ベテランのガソリンをこよなく愛する人も、単に自動車の素晴らしさに酔いしれる人も、ターボチャージャーを搭載した驚異的なクルマは、あなたの公道への熱意を高めてくれることでしょう。ターボチャージド・パフォーマンスと革新の頂点を発見する準備をしてください!

ポルシェ930ターボ

ウィドーメイカー」の愛称で親しまれるポルシェ930ターボは、最も洗練された自動車の系譜でさえも時折引き継ぐ反骨精神を体現している。(ここでちょっとしたジョークをひとつ:ポルシェ930ターボがなぜバンドを結成したのか?それは "ターボチャージド "な音楽を作りたかったからだ!)911ファミリーは一般的にバランスの取れたパフォーマンスを追求するが、ターボはその中でも異端児である。そのターボチャージャーによるパワーデリバリーは、まぎれもなくワイドなリアと同じくらい無愛想で、その先鋭的な風格は、あえて手なずけるように仕向けてくる。荒削りなバッジを付けてはいるが、ターボのキャラクターはエンジンの激しい気性と密接に結びついており、"ターボ "は名誉のバッジとなっている。

ポルシェ930ターボは、クルマがいかに生々しさと洗練を同時に実現できるかを示す典型的な例である。930ターボは、ターボエンジンの永遠の魅力の証であり、ブーストと爽快感の世界へと誘うスリリングな乗り物です。930ターボは、単なるクルマの運転ではなく、ターボチャージャー・パフォーマンスの純粋な真髄を体感できるのです。

アウディ・スポーツ・クワトロ

高性能車の世界で純粋なパワーを追求するとき、ターボチャージャーは究極のワザとして登場する。(ここで、興奮を盛り上げるジョークをひとつ:アウディ・スポーツ・クワトロがターボチャージャーの冒険にGPSを持ち込んだのはなぜか?1980年代のターボチャージャー・シンフォニーにおいて、アウディはこのパワーを全輪駆動で正確に利用することの重要性を理解した名人だった。4輪の銀の弾丸であるアウディ・スポーツ・クワトロは、その実現の最高傑作である。クワトロの全輪駆動の威力と、300PS(220kW)を超えるアドレナリンを放出する2.1リッター5気筒ターボエンジンの鼓動的な咆哮のおかげで、雨に濡れた田舎道をこれほど堂々と走破できるクルマは他にないだろう。そしてラリーカーといえば、その伝説的なステータスはすでに自動車史に刻まれている。

Audi Sport Quattroは、ターボチャージャーと全輪駆動がパフォーマンスカーに革命をもたらした時代の不朽の証である。それはパワーと精度のシンフォニーであり、そのターボチャージャーの激しさで今なおエンスージアストを息もつかせないアイコンです。スポーツ・クワトロの運転席に座るということは、ただ乗るということではなく、自動車工学の黄金時代をターボで駆け抜ける旅に出るということなのです。

サーブ900ターボ

ターボチャージャーの名手といえば、ドイツ人に脚光が当たりがちだが、気鋭のスウェーデン人のターボチャージャーの腕前も侮れない。(ここで遊び心のあるジャブを:サーブ900ターボが常にスピードを求めていたのはなぜか?それは、航空機とのつながりでジェットセッターの伝統を持っていたからだ!)ジェット機との強い結びつきを持つサーブは、ターボチャージャーの揺るぎない支持者として頭角を現し、1980年代から1990年代にかけての活気に満ちた数十年間、このテクノロジーの限界に挑み続けた。99ターボの登場により、サーブはターボチャージャーを大衆に民主的に普及させましたが、ターボチャージャーを真に芸術の域にまで高め、ターボチャージャー搭載車の世界に驚くべき基準を打ち立てたのはサーブ900ターボでした。

サーブ900ターボは単なるクルマではなく、ターボチャージャー革新に対するサーブのたゆまぬ努力の証であった。ターボチャージャーのパワーを活用するだけでなく、時代を先取りした洗練されたレベルでもってそれを実現したのです。サーブ900ターボの運転席に座るということは、単にドライブに出かけるということではなく、スウェーデンのターボチャージャー技術の最高峰を巡る旅に出かけるということなのです。

フォード・シエラRSコスワース

ターボチャージャーの爽快な世界といえば、サーブがその技術に磨きをかけたかもしれないが、フォードはターボチャージャーを極限まで高め、ハイオク・スポーツへと変貌させた。伝説のコスワースと提携したフォードは、フォード・シエラRSコスワースを発表し、ワイルドな80年代のターボチャージャー伝説にその名を刻んだ(ここでちょっとユーモアを:なぜフォード・シエラRSコスワースがレース愛好家の間で人気を博したのか?それは、あらゆるサーキットをターボチャージャーのスリル満点の走りに変えてしまったからだ!)このターボチャージャーを搭載した野獣は、サーキットのコーナーを蛇行させ、時にはノーズを正しい方向に向けておくのに苦労するような悪ふざけで悪名高かった。公道では、ターボラグを管理する技術や、その後まもなくオーバーステアを扱う(あるいは扱わない)技術を伝授し、一世代のドライビング愛好家にとって象徴的な先生となった。

フォード・シエラRSコスワースは単なるクルマではなく、レーシング・エンスージアストの心に響くターボチャージャーによる混沌のシンフォニーだった。ターボチャージャーが奔放なスピードと興奮への切符であった時代を象徴し、ターボチャージャーの狂気のハードルを高く設定した。もし、あなたがこの伝説のターボチャージャーでステアリングを握ることがあれば、自動車史のターボチャージャーのページをめぐる胸躍るような旅に出る覚悟をしてほしい。

ルノー5 GTターボ

ホットハッチとターボチャージャーのエキサイティングな領域を掘り下げるとき、競合の中で際立つ宝石があります - ルノー5 GTターボ。ミッドエンジンのグループBホモロゲーションモデルに惑わされることなく、控えめなプッシュロッドエンジンを搭載しながらも、ターボチャージャーのスリルが加わった、クラシックなルノー5のことだ。(なぜルノー5GTターボはグループBのホモロゲモデルになったのか?ルノー5GTターボはなぜ道路を横断したのか?ブーストコントロール側に行くためだ!)現在の基準からすると、このクルマは「ぶっちぎりの速さ」という称号を得ることはできないかもしれないが、全盛期と同じ爽快感を味わうことができる。そして、この名高いリスト入りの理由は、そのユニークなキャラクターにある。ブーストをキープするためにギヤを踊るような動きや、愉快なチャリンチャリンという音。それは、真面目に働いてお金を貯めれば、先に述べた憧れのコスワースを手に入れることも可能なハイオクの世界を垣間見るような、心ときめくものであり、そのすべてがフランスのスモールカーの俊敏さと貪欲さの魅力に包まれている。

ルノー5GTターボは単なるクルマではなく、ターボチャージャーが身近なパフォーマンス・スリルへの入り口であった時代の証である。コスワースのような生々しいパワーはないものの、その魅力と個性には抗いがたいものがある。もしあなたがこの気鋭のフレンチハッチのステアリングを握ることになったら、その一瞬一瞬を味わい、ターボチャージャーのシンフォニーを堪能し、ホットハッチが頂点に君臨し、ターボチャージャーがすべてのドライブに興奮を注入する魔法のアイテムだった時代のノスタルジーに浸ってください。

フェラーリF40

伝説のフェラーリF40は、カーマニアの間では紹介するまでもないアイコンである。時速200マイルの壁を打ち破った最初の市販車といえば、跳ね馬のバッジを誇らしげにつけているが、そのリアボンネットの下には型破りなもの、つまり獰猛なツインターボV8エンジンが搭載されている。(ターボ・ジョークをひとつ:フェラーリF40がなぜターボチャージャーを持ち込んだのか?それは馬力を高めて堂々と登場したかったからだ!)公式発表では470PS(345kW)となっているが、実際にはほとんどのF40が500PS(367kW)に近いパワーを発揮しており、そのワイルドなスピリットを物語っている。インダクションのシンフォニー、ウェイストゲートのヒスノイズ、爽快なブースト、そして電撃的なクラックルは、F40を定義する興奮のオーケストラである。フェラーリのラインナップを飾った通常のV12セレナーデとは一線を画し、フェラーリの歴史に残る真の異端児となった。

フェラーリF40は、単なるクルマではなく、フェラーリのレガシーにおけるユニークな一章を飾る傑作である。F50、エンツォ、ラ・フェラーリといった後継モデルとは異なり、F40はターボチャージャーを搭載し、他の追随を許さないドライビング・エクスペリエンスを提供してエンスージアストの心を魅了し続けている。それは、ターボチャージャーが爽快なスピードへの道であった時代の咆哮する証であり、V8ターボチャージャーを惜しげもなく搭載したF40は、その輝かしい時代の真の象徴であり続けている。

ロータス カールトン

高性能セダンといえば、ロータス・カールトンは手に負えない存在だ。(こんなジョークがある:なぜロータス・カールトンは道路を横断したのか?すぐにトップスピードに乗れることを証明するためだ!)この英国の猛獣は、パワーとスピードの意味を再定義した。382PS(281kW)という驚異的な出力を誇る直6ツインターボエンジンを搭載し、最高速度は時速180マイルと謳われた。ロータス・カールトンはそのあまりの速さに、神聖な議会の場でその合法性が問われたほどだった。ターボチャージャーで何ができるかを体現したこの車は、自動車愛好家に強烈な印象を残し、おそらくその後数年間、英国警察がターボチャージャー付き5ポット・ボルボT5ワゴンを選択したことにも影響を与えただろう。

ロータス・カールトンは単なるクルマではなく、4輪のターボチャージャー騒乱のシンボルである。エンジニアたちがターボチャージャーのパワーを最大限に活用することで、いかに大胆なことが成し遂げられるかを証明しているのだ。スピードの限界に挑戦し続けた時代に、ロータス・カールトンは堂々と立ち、高性能自動車の歴史に忘れがたい足跡を残すスリリングな体験を提供した。

日産スカイラインGT-R

ターボチャージャーというと、発電の領域では鈍器だと考える人もいる。しかし日本人は、サーブやポルシェのような先駆者の足跡をたどりながら、この芸術の形に繊細さを加えた。(ここで、自動車愛好家の小話をひとつ:日産スカイラインGT-Rがなぜターボチャージャーを持ち込んだのか?ブーストパワーのシンフォニーで強烈な印象を残すためだ!)ポルシェ959が革新的なツインターボ技術を導入した一方で、スカイラインGT-Rのような日本のレジェンドは、エンジンがクルマの心臓であり魂であることをアピールした。名高いRB26 DETTエンジンは、巨大なパワーの可能性を提供するだけでなく、自動車愛好家の背筋をゾクゾクさせるような直6のメロディーを発した。日産は日本メーカー間の "紳士協定 "により、公式には出力を276PS(202kW)に抑えていた。しかし、エンスージアストたちは、RBエンジンの中に未開拓の埋蔵金が隠されていることをよく知っており、改造されたRBエンジンは4桁を超えるパワーを達成していた。スカイラインGT-Rは単なるクルマではなく、ターボエンジンの素晴らしさの象徴なのだ。そして、そのレガシーをさらに高めているのが、初期にグループA、オーストラリア、日本のツーリングカー競技会で勝利を収めた実績であり、公道でのパワーハウスであるだけでなく、誰もが認めるサーキットのチャンピオンであることを証明している。

パワーデリバリーがハンマーを振り回すようなターボチャージャーの領域で、日本人はその技術に芸術性をもたらした。(カーマニアの戯れ言である:なぜ日産スカイラインGT-Rがターボ・パーティーにやってきたのか?ブーストの効いた元気な音を響かせて登場するためだ!)ポルシェ959が革新的なツインターボ技術を導入した一方で、スカイラインGT-Rのような日本のレジェンドはエンジンをクルマのアイデンティティの中心に据えた。象徴的なRB26 DETTエンジンは、驚異的なパワーを解き放つポテンシャルだけでなく、自動車ファンの心に響く直6のエキゾーストノートの背筋が凍るようなシンフォニーでも称賛されている。日産は、日本の自動車メーカー間の「紳士協定」の一環として、公式にその出力を276PS(202kW)に制限した。しかし、愛好家たちはRBエンジンが未開発のポテンシャルを秘めていることを理解しており、改造されたRBエンジンは4桁を超えるパワーを発揮した。スカイラインGT-Rは単なる自動車ではなく、ターボエンジンの素晴らしさを象徴する存在なのだ。さらに、グループA、オーストラリア、日本のツーリングカー競技会で優勝した実績を誇り、ロードゴーイング・パワーハウスとして、またサーキットを支配する存在としての地位を確立している。

トヨタ・スープラ・ターボ

トヨタ・スープラ・ターボは、この話題の中で重要な位置を占めるに値する。(ここでカーマニアの口癖を紹介しよう:スープラ・ターボが他のスポーツカーに物足りなさを感じさせたのはなぜか?それは直6ツインターボが、純粋に詩的な動きをしていたからだ!)このパワーハウスの心臓は、畏敬の念を抱かせる2JZエンジンで、ターボ技術の最先端を示すシーケンシャル・ツインターボ・セットアップを特徴とし、この車のアイデンティティーの不可欠な一部となった。流麗で魅力的なスーパークーペのボディに包まれたスープラ・ターボは、1990年代初頭に真のスーパーカーの殺し屋として登場した。しかし、新車時の価格は決して安くはなく、特に地味なカローラとバッジを共有する車としては高価だった。(特に地味なカローラとバッジを共有する車としては。)

興味深いことに、スープラが真に開花したのは中古車時代であり、手頃な高馬力のアイコンとして、また正真正銘のムービースターとして熱狂的なファンを魅了した。スカイラインと同様、今日に至るまで多くのファンを集め続けているのは、30年経った現在でも競争力を維持し、現代のマシンと比べても卓越したエンジニアリングの証となる、注目すべきターボエンジンのおかげでもある。その見事なデザインのファンであろうと、ターボチャージャーのシンフォニーのファンであろうと、スープラ・ターボは新しい世代のエンスージアストを魅了し、鼓舞し続け、自動車の伝説としてのその遺産は確実に生き続けている。

三菱ランサーエボ

ターボエンジンの伝説といえば、三菱ランサーエボが殿堂入りするにふさわしい。激しいラリーの世界から生まれたエボは、日本のサルーンが進化した古い時代とはいえ、侮れない存在だった。しかし、そのボンネットには4G63T型2.0リッター4気筒エンジンが搭載されていた。(ここでターボのユーモアをひとつ:なぜエボのエンジンはセラピーを受けたのか?ターボチャージャーによる二重人格に対処するためだ!)2004年当時、多くのスーパーカーが400PS(294kW)を超えるパワーを出すのに苦労していた時代に、三菱はターボサイズを引き上げ、内部構造を強化しただけで、保証付きのメガパワーを実現し、他社を置き去りにする偉業を成し遂げた。

独創的な全輪駆動シャシーのおかげで、エボのほとんど超自然的なグリップと組み合わせることで、そのパワーを破壊的なオンロード性能に変換することができる。私たちは、トップギアでFQ400がランボルギーニ・ムルシエラゴを屈服させた記憶を懐かしむ機会を逃さない。しかし、エボの爽快な体験にはちょっとした注意点がある。それは、かなり熱心な点検間隔が設けられていることで、高性能車にもたまには特別な甘やかしが必要だということを思い知らされる。ランサーエボは少々古くなったとはいえ、ターボチャージャーを搭載した驚異的なモデルとしてのレガシーはしっかりと受け継がれている。

スバル・インプレッサWRX STi

エボの永遠のライバルであるインプレッサWRX STiは、その伝説的なステータスを維持し、むしろさらに高い評価を得ている。マクレーやバーンズといったドライバーによる豊かなラリーの伝統を持つこのモデルは、自動車界のアイコンとして君臨している。ターボエンジンのポテンシャルを余すところなく発揮できる、並外れたハンドリング性能を誇っている。

では、そのエンジン音について。世界中のラリーファンなら、スバルのボクサーエンジンが奏でる独特のシンフォニーに、すぐに気づくことだろう。確かに、このエンジンはメンテナンスの面で難点があり、ヘッドガスケットの問題で悪名高いが、インプレッサWRX STiのユニークな魅力に貢献している。(しかし、インプレッサWRX STiのユニークな魅力に貢献している。

メルセデスCL65 AMG

ターボチャージャーの贅を尽くした世界において、メルセデス・ベンツは、現在私たちが真に畏敬の念を抱くパフォーマンスとして認識するものの舞台を整えた。自動車界が馬力至上主義の激しい戦いに巻き込まれていた2004年までさかのぼろう。この爽快な時代の最前線にいたのは、V10パワープラントから生み出される613PS(451kW)という驚異的なパワーを誇る、ポルシェを象徴するカレラGTだった。しかし、この覇権争いの中でメルセデス・ベンツが控えめに発表した傑作がCL65 AMGである。そのエレガントなエクステリアの下には、重量級の世界ではおなじみの6.0リッターV12エンジンが収まっていた。しかし、メルセデス・ベンツはこのアウトバーン・クルーザーにターボチャージャーを1基だけでなく2基も装備し、方程式にターボチャージャーのひねりを加えた。アファルターバッハの魅惑は、この2トンの巨体をパワーハウスへと変貌させ、612PSという驚異的な純粋な爽快感を解き放った。例えるなら、ロールス・ロイスのレイスにブガッティ・シロン・スーパースポーツの1600PS(1177kW)の威力を吹き込んだようなものだ。その結果は?スピードの悪魔、トルクの巨人、控えめなエレガンスを漂わせながら、お金で買える最速のポイント・トゥ・ポイント・チャンピオンの称号を得る能力を持った車。

CL65 AMGを運転していると、日常の通勤がまるで目的地へ向かう極秘ミッションのステルスロケットを操縦しているような気分になる。豪華なレザーシートは、ターボチャージャーの管弦楽を伴ったV12シンフォニーが容赦ないパワーの波動であなたを前進させる中、ラグジュアリーな快適さであなたを包み込んだ。真のグランドツアラーであるCL65 AMGは、高速道路を軽々と駆け抜け、先進のサスペンションシステムがスムーズな走りを約束した。CL65 AMGは豪奢な速さを体現し、ラグジュアリーとパフォーマンスの領域を難なく融合させたクルマとして、自動車史に忘れがたい足跡を残した。

ベントレー・コンチネンタルGT

ベントレー・コンチネンタルGTは特筆に値する。この傑作は、フォルクスワーゲン傘下におけるベントレーのルネッサンスを示すものであり、ライバルのメルセデスCL65 AMGと同様、エレガントな外装の下に絶対的なパワーハウスを解き放った。このラグジュアリーなグランドツアラーの心臓部は、6.0リッター・ツインターボのW12エンジンで、高性能自動車の世界では象徴的な構成となっている。興味深いことに、このエンジンの出力は過去20年間劇的に変化したわけではないが、今なお容赦ないパワーの象徴として君臨している。例えるなら、コンチネンタルGTは2003年の初期型でさえ、息をのむほどパワフルだと考えられていたし、今日でも贅沢な力の象徴であり続けている。まぎれもないW12のうなり声とターボチャージャーの爽快な音の組み合わせは、忘れがたいシンフォニーを奏で、自動車ファンの心に永遠に刻まれた。

コンチネンタルGTのドライビングは、ラグジュアリーな雰囲気と力強さが融合した、時を超えた旅に出るようなものだった。インテリアは豪華さに包まれ、ボンネットの下に潜むW12エンジンはあなたの命令を待ち望んでいた。そのトルクの伝達は驚異的としか言いようがなく、加速は容赦ないパワーの波に変わり、楽々と地平線へと突き進むことができた。まるで車自体に引力があり、スピードと洗練が完璧なハーモニーを奏でる自動車宇宙の中心にいるようだった。Bentley Continental GTは、CL65 AMGと同様、ターボチャージャーが頂点に君臨し、12気筒エンジンの轟音が卓越した自動車の特徴になる、高性能車の未来を垣間見せてくれた。

ブガッティ・ヴェイロン

ブガッティ・ヴェイロン--その名はカーマニアの世界に永久の革命をもたらした。1990年代にはEB110が4つのターボを誇っていたが、真に注目を集めたのはヴェイロンだった。16気筒という驚異的なシリンダーと1,000PSを超えるパワーハウスを備えたこの驚異的なエンジニアリングは、時速250マイルを超えるスピードを難なく叩き出し、記録を塗り替えた(スーパーカーの世界では、「私のオイル缶を持って!」と言うに等しい)。さらに、0-60加速を3秒未満で達成した最初のクルマであり、ターボチャージャー技術の確固たる地位を築いた。

自動車の驚異の領域において、ブガッティ・ヴェイロンはパワー、スピード、そして爽快感の象徴である。驚異的な16気筒エンジンと1,000PSの高出力を誇るボンネットは、ヴェイロンを独自の存在へと押し上げた。時速250マイルを軽々と超えたヴェイロンは、他のすべての競合車を置き去りにし、スーパーカーのあり方を再定義した。(もし車が話せたら、ヴェイロンはきっと「このトルクを見ろ!」と言うだろう)また、ターボチャージャーの進化において極めて重要な瞬間となった、0-60加速3秒以内という画期的なスプリントも忘れてはならない。自動車愛好家にとって、ブガッティ・ヴェイロンは単なるクルマではなく、高性能車のあり方を永遠に変えた傑作なのだ。

フォード・フォーカスRS

フォード・フォーカスRSは、ターボチャージャーの渦の中で自然吸気車の魂の魅力が失われてしまうことを恐れた純粋主義者にとっての希望の光である。カリスマ的な5気筒エンジン搭載のフォード・フォーカスRSに代表されるように、現代のターボチャージャー付き高性能車の領域では、その疑念は一掃された。(クラシックなマッスルカーがテクノロジーに精通したスーパーヒーローとして活躍する姿を目の当たりにしたようなものだ)。獰猛なシエラ・コスワースの時代から20年以上を経て、現代のターボチャージャー付きパワーハウスが独自のカリスマ性とキャラクターを持っていることに気づくだろう。初代フォーカスRSは大きな存在感を示したが、私たちの記憶に永遠に刻まれているのは、第2世代のメロディアスなシンフォニーなのだ。

私たちはクルマ好きとして、クルマの心臓と魂はエンジンの構成を超越したものであることを学んできた。フォード・フォーカスRSは、現代のターボチャージャー付きパフォーマンスカーが単なるマシンを超えた存在になり得るという事実を証明している。(もしクルマにTinderのプロフィールがあるとしたら、フォーカスRSは「ターボチャージド・チャームと5気筒のセレナーデ」と書かれたプロフィールになっていることだろう)。自動車の進化の世界において、フォード・フォーカスRSは間違いなくその足跡を残し、パフォーマンスが個性やカリスマ性と調和して共存できることを示した。

BMW 1M

BMWのMエンスージアストと自然吸気エンジンの間の愛情に、ターボチャージャーが一石を投じた。ツインターボ直6を誇る1Mが登場したとき、純粋な大気圧パワーへの10年にわたる傾倒が一瞬疑問視された(クラシック・オーケストラのチケットを持ってロックコンサートに現れたようなものだ!)。(クラシック・オーケストラのチケットでロック・コンサートに来るようなものだ!)伝統からの逸脱に懐疑的な見方や抗議さえ渦巻いたが、それは大きな間違いだった。1Mは、そのアグレッシブな美学に見合うターボチャージャーを搭載した、自動車界の喧嘩屋であることが証明された。自然吸気のMはシンフォニックなエキゾーストノートで私たちを楽しませてくれたが、インギアパフォーマンスの領域では、それに比べると少し物憂げに感じられるようになった。

BMW Mの世界では、たとえ抵抗があったとしても、変化が爽快な結果につながることを思い出させてくれる。(音楽を楽しむために自然吸気エンジンを回すべきか、それとも1Mのターボを踏み鳴らしてパンチを感じるべきか......」というクルマ好きのジレンマを想像してみてほしい)。M5にターボチャージャーが採用されたことで、その愛着度は低下したかもしれないが、破壊的なパフォーマンスの向上は否定できない。しかし、1Mに関しては、ターボチャージャーの傑作であり、その愉快なブーストなしには考えられない。ダイナミックなMカーの世界において、BMW 1Mは伝統とターボチャージャーのスリリングな融合の証であり、時には変化を受け入れることが自動車の興奮の新たな高みにつながることを思い出させてくれる。

パガーニ・ワイラ

耳をつんざくような鼓動に満ちたゾンダの後を追うのは大変なことだ。特に、自然吸気のAMG V12シンフォニーからツインターボの繊細な轟音に乗り換える場合はなおさらだ(ロックコンサートから禅の瞑想会に切り替えるようなものだ!)。(ロックコンサートから禅の瞑想会に切り替えるようなものだ!)しかし、Huayraはスーパーカーの世界でニッチを切り開き、単なるZondaの後継車ではなく、ユニークな兄弟車として差別化を図ることに成功した。あのアグレッシブなターボチャージャーサウンドは、その個性を決定付ける要素となり、卓越したパフォーマンスとともに入念に設計された聴覚体験として、ドライバーに飛行機が飛び立つような感覚を与えた。さらに、フアイラは先代同様、そのルーツに忠実であり続け、よく練られた、親しみやすく、威圧感のないドライビング・エクスペリエンスを提供した。それは、ターボチャージャーがスーパーカーの魅力をいかに高めることができるかを示す典型的な例であった。

自動車愛好家にとって、パガーニ・ワイアラは自動車界におけるテクノロジーとエモーションの融合の証である。(まるでパガーニが「ターボチャージャーによるパワーとシンフォニックなエンジン音、その両方が手に入るのに、なぜどちらかを選ぶ必要があるのか」と言ったかのようだ)。ゾンダの大気圧エンジンからフアイラのターボチャージャーセットアップへの移行は懐疑的に受け止められたが、結果的にスーパーカーの展望を豊かにした。魅惑的なターボ・ノイズを超えたところで、華イラは見事なマシンであり続け、ターボ過給はドライビング・エクスペリエンスを低下させるのではなく、むしろ向上させるという概念を体現した。高性能車の領域において、変化が革新と興奮の源となり得ることを思い出させてくれる華イラの物語は、最も挑戦的なセカンドアルバムでさえ、類まれな傑作を生み出すことができることを証明している。

マクラーレンP1

マクラーレンP1は、ハイブリッド・ハイパーカーの頂点に立つモデルであり、その電気を操るハイブリッドの実力だけでなく、ターボチャージャー・テクノロジーを積極的に採用している点でも際立っている。このハイパーカーは、3.8リッターV8エンジンに完璧に組み合わされたツインターボの生々しいエネルギーを利用する、三位一体の唯一のタイタンとして、その存在を際立たせている。画期的なハイブリッド技術を超えたP1の真の魅力は、ターボエンジンの圧倒的な声量だ。ターボエンジンはただ喋るだけでなく、ハイオク仕様のアリアを歌い上げ、ターボチャージャーの吐息のように個性的で、個性的である。

P1のツインターボV8エンジンは単なるパワーハウスではなく、卓越したメカニカル・シンフォニーであり、サーキットでも公道でも爽快なパフォーマンスを発揮します。熟練したアスリートの肺のようなターボチャージャーがP1に生命を吹き込み、効率と生のパワーの比類なきコンビネーションを提供します。電気とガソリンのパワーをシームレスに融合させ、自動車技術革新の新たな高みへと押し上げるこのクルマの能力は、エンジニアリングの素晴らしさにほかならない。そして、エンジンの一回転一回転に込められた個性も忘れてはならない。ターボがヒューヒューと音を立てるたびに、まるでオペラのソロを口ずさむ前に喉を鳴らしているようなサウンドが響くのだ(時には、私たちが知っているポップスターよりも高音を奏でることもある!)。

ホンダ・シビック・タイプR

ホンダ・シビック・タイプRの将来の改良型がターボチャージャーを搭載するという発表は、当初そのファン層に衝撃を与えた。この卓越した自動車のエンブレムは、その突き抜けるような回転数とVTECを作動させる自然吸気エンジンの爽快なサウンドで歴史的に賞賛されてきたが、回り道をするようだった。この愛すべきモンスター・モーターをターボチャージャー付きユニットに交換するというアイデアは、純粋主義者の間で少なからず眉をひそめ、裏切られたという感覚を呼び起こした。しかし、このターボ技術への軸足は、当初の懐疑的な見方とは裏腹に、心配する必要のない動きだった。ホンダはどういうわけか、このターボエンジンの回転に、誰もが驚くほどの獰猛さを吹き込むことに成功したのだ。予想されたターボラグやためらいは顕著に見られず、タイプRが受け継いできた高性能の回復力を受け継いだエンジンは、後先考えずに限界までプッシュする準備ができていた。

実際、象徴的なVTECクレッシェンドの喪失を嘆く愛好家もいる一方で、ターボチャージャーを搭載したホンダ・シビック・タイプRは、それ自体で驚異的な存在として登場した。ホンダのエンジニアたちは、このターボエンジンが予想を裏切るようなフォーミュラを作り上げ、爆発的なパワーデリバリーと、タイプRのスピリットを感じさせる躍動感を実現したのだ。ターボエンジンのシンフォニーは、先代の自然吸気エンジンのような生々しいメカニカルなハーモニーを再現できなかったのは事実だが(お気に入りのレコードの名曲をデジタルトラックに置き換えるようなもの。それはホンダの革新へのコミットメントの証であり、最も敬虔な懐疑論者であっても、たった一度ペダルを踏むだけでターボ信者に変身させられることを証明した。

フェラーリ488ピスタ

フェラーリ488ピスタは、高性能スポーツカーの領域における驚異であり、フェラーリの伝統である自然吸気エンジンからターボエンジンのパラダイムへの大きな転換を告げるものである。敬愛する個々のスロットルボディの代わりにターボを導入することは、世界的な健康危機の真っ只中にある社交界のような不評を買うだろうか?意外なことに、この移行は議論を呼ぶようなものではなかった。ピスタの心臓である3.8リッターV8ツインターボ・エンジンは、カリフォルニアTで初めて咆哮を上げ、数々の賞賛を浴びただけでなく、488ピスタでその頂点に達した。インコネル製エグゾースト・システムから力強い咆哮を放つこのエンジンは、710PS(522kW)を超えるパワーを後輪に伝え、美的魅力と猛烈なスピード、そして紛れもないハードコア・スピリットを融合させている。

要するに、488ピスタは、アイコニックなF40のような先代モデルの生々しく淡々としたキャラクターとは一線を画し、洗練されたエンジンとギアボックスのマッピングによってブーストの本質をさりげなく隠したターボエンジンを搭載しているのだ。しかし、これはその魅力を損なうものではなく、むしろその性能に複雑さと興味をそそるレイヤーを追加するものである。エレガンスとコントロール性を保ちながら、これほど獰猛なパワーを発揮するピスタの能力は、自動車の熟練技にほかならない。まるでフェラーリが、伝統的に力技の象徴であったターボチャージャーを、精緻で調和のとれた道具に変えたかのようだ(ハンマーをメスに持ち替えたようなものだが、メスも同じように効果的に仕事をこなす)。このエンジニアリングの偉業により、488ピスタはフェラーリの革新的精神の証となり、最も神聖な自動車の伝統でさえ、その魂を失うことなく進化させることができることを証明している。


コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

jaJapanese